072-257-9919

menu

AUTOLOGOUS PROTEIN SOLUTION

APS療法

新しい選択肢、バイオセラピー

これまでの変形性ひざ関節症の治療

これまでの変形性ひざ関節症の治療では、大きく分けると、軽度なら運動療法や薬物療法による保存療法、重度なら手術療法が行われています。軽度であれば運動療法や減量、消炎鎮痛薬(内服薬・貼付薬)で様子を見ることができますが、その後、病気が進行してくると、消炎鎮痛剤に加えて、ひざ関節内にヒアルロン酸を注射して痛みを和らげる治療がよく行われます。さらに病気が進行した場合は、手術療法となります。手術療法には、いくつかの種類がありますが、中心になっているのは人工関節を用いたものです。

バイオセラピーとは?
バイオセラピーとは、自分や他人の細胞や血液由来の成分を使い、
病気の治療や傷んだ組織の修復を行う新しい治療法です。

APS療法とは?

ひざ関節症の関節内では、軟骨の破壊成分を作り出す炎症性サイトカイン(IL-1,TNFα)という悪いタンパク質の働きが活発になっていますが、私達の体の中にはこの働きを抑える良いタンパク質(IL-1ra, sIL-1R, sTNF-RⅠ, sTNF-R Ⅱ)も存在しています。APSとは自己タンパク質溶液Autologous Protein Solution の略称で、患者さんご自身の血液から炎症を抑える良いタンパク質と軟骨の健康を守る成長因子を高濃度抽出したものです。APSは血液からPRP(多血小板血漿:Platelet-Rich Plasma)を分離し特別な加工を加えることで、ひざ関節症の治療に有効といわれる成分を高濃度に抽出するため、次世代PRPとも言われます。

血液由来のバイオセラピー

APS療法はご自身のひざ関節内にAPSを注入し、関節内の炎症バランスを整えることで、炎症・痛みを改善し、軟骨破壊の抑制が期待されます。APS療法は欧州ではすでに治療法として承認されていて、米国では複数の医療機関において臨床試験が行われ、有効性の確認が進んでいます。ご自身の血液を使用するため安全性も高く、来院当日に治療可能な、体に負担の少ない治療法です。

治療の流れと期待される効果

治療の流れ

本治療は次の3つのステップで進められます。
1、患者さんご自身の血液を少量採取
2、採取した血液からキットを用いてAPSを抽出
3、APSを患者さんの関節内に注入
※血液の採取から治療まで、来院当日約1時間後に提供します。

ひざの痛みと炎症

ひざ関節症の関節内(右下図)では、軟骨の破壊成分を作り出す炎症性サイトカイン(IL-1,TNFα)という悪いタンパク質の働きが活発になっています。悪いタンパク質は軟骨の破壊成分(MMP)の生産を促進します。悪いタンパク質は、炎症を悪化させ関節の痛みを増加させます。これを放置すると軟骨の破壊が進み、 最終的にはひざ関節機能が失われ、軟骨全体の変性が進みます。

APSのメカニズム

私達の体の中には、炎症を抑える抗炎症性サイトカイン(IL-1ra, sIL-1R, sTNF-RⅠ, sTNF-R Ⅱ)という良いタンパク質も存在します。良いタンパク質は悪いタンパク質の働きをブロックし、軟骨破壊に傾きがちな関節内のバランス改善に関係します。APSは自己タンパク質溶液、Autologous Protein Solutionの略称で、患者さんご自身の血液から炎症を抑える良いタンパク質と軟骨の健康を守る成長因子を高濃度抽出した溶液です。
APS療法は、悪いタンパク質が過剰に存在する関節内に、良いタンパク質が豊富なAPSを注射し、炎症バランスを改善することで痛みを軽くし、軟骨の変性や破壊を抑えようとする治療です。

APS 療法よくある質問

Q1. バイオセラピーやAPS療法で
ひざ関節症は治りますか?

APS療法は関節の痛みや炎症を改善することを目的とした治療です。炎症を抑えることで、関節内の軟骨破壊や環境の悪化を防ぐことが期待されます。

Q2. APS療法による痛みの
改善効果はどのくらい続きますか?

海外の治療報告によればAPSを1回注入後、約24ヶ月続くことが報告されています。

Q3. バイオセラピーとは何ですか?

ご自身の細胞や血液成分などを利用する新しい治療選択肢です。当院で提供するバイオセラピーのAPS療法は再生医療法*に基づき所定の手続きを行っています。
*再生医療等の安全性の確保に関する法律

Q4. APS療法は安全ですか?

APS療法はご自身の血液を利用しているため安全性も高く、来院当日に受けられる体への負担が少ない治療法です。

Q5. ひざを切開することになりますか?

ひざの切開は必要ありません。
本治療はご自身の血液から抽出したAPSをひざ関節に注入するだけなので、ひざを切開する必要はなく、入院不要で来院当日に治療が可能です。患者さんの負担はヒアルロン酸注射を打つ時とほとんど変わらないものです。

Q6. 効果はどのくらいで現れますか?

個人差はありますが、注入後1週間ほどで効果を実感する方もいます。

Q7. 治療後は通常通りに
活動してよいのでしょうか?

治療後14日間は活動レベルを最小限に、治療前より活発にしないことが推奨されます。